スーツの女性

お得な物件を紹介!再建築不可といった情報も教えてくれる不動産会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

山と海を望む地域の物件

お家

売買の際は用途を確認する

伊豆は東西の大都市圏から鉄道や自動車でアクセスしやすいことに加えて、景観も良いため、不動産の人気が高い地域です。北西には国内外を問わず有名な山が位置しており、秋から春にかけては冠雪の様子を肉眼でも見ることができます。半島であるため三方が海に面していて、水揚げされたばかりの魚介類を味わえますし、マリンスポーツを楽しむことも可能です。レジャーのために伊豆を訪れる人には、建物内に温泉があるリゾートマンションが特に人気となっています。一方で情緒がある古民家にも注目が集まっており、移住や長期滞在に向いていると言えるでしょう。不動産の購入または売却を行う際は、このような物件ごとの用途の違いを意識することが大切です。

潮風と交通網に注意が必要

伊豆は広大な海に面していることが最大の魅力ですが、一方で気を付けなければならないこともあります。主に内陸部で生活する人が見落としがちな点として挙げられるのは、海から吹く潮風の存在です。これは文字通り海から吹く風ですから、金属を錆びさせる塩分が多く含まれていることに注意しなければなりません。車やゴルフクラブなどを所有しており、洗う機会が少ないのであれば、海から遠い不動産を選ぶことが無難だと考えられます。また、伊豆には非常にリーズナブルな不動産も多いですが、駅やバス停からの距離が長いこともあるのです。車を日常的に運転する場合はこのような物件がベストですが、高齢者や子供がいる家庭は、交通の利便性を考えて不動産を選ぶ必要があります。