スーツの女性

お得な物件を紹介!再建築不可といった情報も教えてくれる不動産会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンのある不動産を売る

微笑むメンズ

不動産を処分する

不動産を処分する場合には不動産業者に依頼するのが一般的です。しかし、その不動産に抵当権が付いている場合には抵当権の設置者の同意が必要になります。抵当権の多くはローンなどでお金を借りている場合に、その担保として設定されるものですが、その中でも多いのが住宅ローンのケースです。住宅ローンでは、その担保として購入した土地に抵当権が設定されることになります。これは万が一、返済が不可能になった場合にすみやかに融資した側がその不動産を処分することが出来るようにしたものです。このため、住宅ローンが残っている間は、融資した業者に無断で売却することは困難です。一方でそのような物件を専門に扱い、新しい購入者を見つけて債権者と交渉して売却する任意売却を行う業者があります。

業者選びがポイント

任意売却のメリットとしては、競売に掛けられるよりも高い価格で売却できるということです。特に大阪など大都市であれば不動産の流動性が強いので、競売よりも任意売却の方が有利に売却することが可能です。ただし任意売却といっても業者もさまざまで大阪のような大都市であれば複数の業者がありますが、流動性が少ないところでは選べる業者も限られます。また地域に密着した任意売却を行う業者の方が新しい購入相手を探すのに長けており売却額にも差が出てきます。特に大阪のような大都市では業者も多くあり業者選びによって大きな差が出てきます。また大阪でも人気のエリアとそうでないエリアがあり、新しい買い主を探す能力にも差が出てきます。