男性

お得な物件を紹介!再建築不可といった情報も教えてくれる不動産会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

山と海を望む地域の物件

お家

大都市圏からの近さと、海と山に囲まれた景観の良さを理由として、伊豆にはリゾート用の不動産が多く存在しています。潮風による金属の錆と、車を運転できない高齢者と子供の事情を考慮することで、ベストな物件選びを行えるのです。

詳細へ

リゾート物件購入

別荘

別荘を購入する場合、購入候補エリアの選定が重要です。首都圏に自宅を構えている場合、伊豆半島の東側のエリアは物件の多さと首都圏からのアクセスの良さから、有力な候補地になり得ます。さらに予算を抑えて好みの物件を購入するテクニックとしては、中古マンション購入後のリノベーションという手法があります。

詳細へ

ワケありだけどお得な住宅

困るメンズ

建て替えができない土地

不動産の中には、俗に「ワケあり物件」と呼ばれるものがあります。これは、一般の物件に比べると何らかのデメリットがあるが、その分購入費用が割安だというものです。その代表格とも言えるのが、再建築不可物件です。再建築不可とは、読んで字のごとく建物を再建築することができない物件をいいます。つまり住宅であれば、今建っている家に住み続けるのはいいが、いったん更地にしたら二度と建て直すことはできないということになります。再建築ができない理由はさまざまですが、最も多いのは建築基準法に定める接道義務を果たしていないというケースです。接道義務とは幅4メートル以上の道路に2メートル以上の間口が開いていない土地には住宅が立てられないという規定です。

工夫次第で快適に暮らせる

近年、この再建築不可物件がひそかな人気を集めています。裁判所の行う競売でも、再建築不可物件の落札率が非常に良好だと言われています。人気の理由は、何と言っても価格が安いことです。個々の売買価格は物件ごとにまちまちですが、中には付近の相場の半額程度のものも存在します。もちろんその安さは建て替えができないというデメリットゆえのものです。しかし、購入費用が安く済めば浮いたお金をリフォーム費用に回すことができます。古い住宅でも基礎がしっかりしているものが多いので、きちんと手を入れれば快適に暮らすことができます。また、もし隣接地の所有者との交渉がまとまれば、土地を買い増すことで接道義務を満たすチャンスもあります。そうなれば一般の物件同様、建て替えに制限がなくなります。

ローンのある不動産を売る

微笑むメンズ

任意売却はローンのある住宅を売却するというものです。大阪のような大都市であれば不動産の流動性も高く、任意売却の方が競売よりも高く住宅を処分することが可能です。高く住宅を処分できればローンの残債を圧縮することができ、新しい生活への再出発の負担を軽減させることができます。

詳細へ